なっちゃんだって生きている

恋愛・転職・結婚・出産・育児 ダメ女でもなんとかやってきました

聞き上手は最強のモテスキル!相手の心を掴む話の返し方(心理学編)

筆者は記事を書く前にタイトルを書いてしまうのですが、 思いっきりハードルを上げてしまいました。

以前にも「会話中にいいトス・パス出せ!」「面白いこと言え!」と話し手としてのテーマを扱ってきましたが、今回は聞き手についてです。

 

これまではどちらかというと口下手な相手を想定していましたが、今回は「人と話すのが苦ではない、どちらかと言うと好き」くらいの相手に使えるスキルです。

 

自分の話に興味を持って貰えると嬉しいですよね?

また、自分が提供した話題で場が盛り上がるとさらに嬉しいですよね?

聞き上手な人は話し手の魅力を最大限に引き出し、相手からも「あれ?この人と仲良くなれば上手くいくかも?」と思わせることができます。

 

話は若干変わりますが、カウンセラーってどんなイメージがありますか? 悩み相談員だと思っていませんか?

実は、カウンセラーって基本的にアドバイスをしないんです。

え?それじゃ何も解決しないのでは? と思いますよね?

 

でも考えてみてください。

 

すごく思いつめて相談しに行ったのに、カウンセラーに

「そのやり方じゃだめよ」

「それは甘えよ」

「私はこう思うわ」

と、自分の考えを突き付けられたらどう思いますか?

恐らく、たいていの人は

 

「私のこと大して知らないくせに偉そうなこと言うな!」

 

と思うはずです。

そう、問題の解決方法は自分の中から見出すしかないのです。

 

また、悩みや苦悩は話す(アウトプット)することによって浄化することもできます。 話すだけで気が楽になるのに、カウンセラーから余計な一言を言われたら台無しになっちゃいますよね?

 

まとめると、カウンセラーの役割は相手を受け入れ(受容)、共感し、新たな気付きのきっかけを与えることにあります。

これが上手くいけば、クライアントの信頼を得ることができます。

 

さて、そのスキルを日常生活に応用にはどうすればいいでしょうか?

例えば同僚が 「あの上司のやり方が気に入らない!むかつく!」 と言ったとします。 しかし、あなたは同僚の言うことに100%同意はできません。

 

先ほど、「カウンセラーは基本的にアドバイスはしない(自分の考えは述べない)」と言いましたが、通常の会話においては自分の意見は言っても大丈夫です。

ただ、自分の意見が強すぎると相手の機嫌を損ねてしまいますので、必ず「受容と共感の一言」を返事の中に取り入れてください。

 

例としては、

「そうか、上司のやり方で苦労しているんだね。(=受容)確かに上司と合わないとストレス溜まるよね(=共感)でもさ、あの人も前の部署と勝手が違うから苦労してるんじゃないかな?(=自分の意見)」

といった感じでしょうか。

 

ポイントは以下の通りです。

 

・上司の仕事のやり方が正しいかどうかには触れず、相手の気持ち(苦労している、イライラしている)を受け入れ、共感する

・自分の意見はきっぱり言い切らず、あくまで推測であるというニュアンスで伝える

 

上司と同僚、どちらの仕事のやり方が正しいのかはこの状況ではわかりません。ここで仕事のやり方にフォーカスした返事をすると、やはり「お前にわかるか!」と反感を買ってしまいます。

この場合、内容は深掘りせずに、相手の気持ちに寄り添うことに徹しましょう。 また、自分の意見についても同様で、あくまで「こういう見方・考え方もあるよ」とヒントを与える程度に留めましょう。

 

このポイントを押さえるだけで、 「この人は自分のことを理解し、次のヒントを与えてくれる人だ」 という印象を与えることができます。 受容と共感、是非活用してみてください。