なっちゃんだって生きている

恋愛・転職・結婚・出産・育児 ダメ女でもなんとかやってきました

こんな感じで授かりましたーできたら婚に至った経緯

今日、妊娠中の元同僚に会ってきました。

 

臨月に突入した元同僚を見て、「あーそんな時期もあったなー」と懐かしく思ったなっちゃん

 

妊活を積極的にしていたわけじゃないですが、どんな感じで授かったのか雑記的に綴っていこうと思います。

 

 

 

当時のなっちゃん

 

年齢 28歳

生理周期 28日前後

基礎体温 つけず

平均体温 36.5℃

 

参考程度にルナルナは登録していました。

 

 

5/30 ルナルナ予測排卵

 

5/15頃 ほっぺたにニキビができる

 

元からニキビ肌で、Uゾーンは多発地帯。

ただこの時は頬骨らへんにぽつんとできて、数日立っても治らず。

「もしかしてホルモンバランス崩れてる?」

と何となく気付く。

 

5/26 性交渉・避妊なし

 

寝ぼけててあんまり記憶がありません…

 

5/30 排卵予定日 いまだにニキビ治らず

 

6/15頃 生理予定日

 

6/15-25 生理が来ない以外体調に変化なし

 

6/26 生理予定日から10日以上経過。妊娠検査薬陽性

 

6/27 産婦人科受診 病院の尿検査でも陽性。エコーで胎嚢確認

   妊娠6週

 

7/11 産婦人科受診 エコーで心拍確認 出産予定日算出 母子手帳交付の指示を受ける

 

 

 

上記と並行して結婚準備を進めましたね。

その後の経過は通常通りなので割愛します。

 

 

卵子の寿命は一日。この時は恐らくホルモンバランスが崩れて排卵日が前倒しになり、授かりました。

実は排卵日以前に避妊をしないのは人生で初でした。

妊娠しやすい体、というよりはたまたま縁があったという方が正しいと思います。

排卵日(と思われる)の性交渉でも妊娠する確率は20~25%程度だそうです。

blerdology.co

 

 

妊娠してからようやく妊娠・出産についての知識を身に着けるようになり、そこで分かったことは「思っている以上に妊娠のハードルは高い」ということです。

 

双方が妊娠できる身体である

卵子の短い寿命の間に受精をする

着床をする

胎嚢の中で赤ちゃんがきちんと育つ etc…

 

これらのことは、そう簡単にできるものではありません。。

個人の健康状態、年齢にも大きく左右されます。

 

 

私の知人で、妊活をしていたけどずっと授からない人がいました。しかしある時、仕事で新しい人が加わり、ワンオペから解放された途端にご懐妊されたそうです。

すごく真面目な方だったので、責任感から授かりにくい体になっていたのかもしれませんね。

(科学的根拠はまったくありませんが)

それくらい、妊娠って複雑で難しいものです。

 

 

これから妊娠を望んでいる方の中には、なかなか結果が出ない人もいるかもしれません。

筆者は妊活経験者ではありませんし超健康体なので、アドバイスできる立場ではありませんが。。。

 

まれに、「妊活を頑張りすぎて疲れ切ってしまい、育児放棄する親」がいるそうです。

みなさんはどう思われますか?

一言アドバイスをするとすれば、妊娠・出産を目的としないでください。

 

何か大事な目的があって、その中(過程)に妊娠・出産があるべきです。

妊活のせいで不幸になるなんて本末転倒です。

 

 

なーんてのは授かったから言えることですね。

 

本当にデリケートな問題なので、この辺で締めたいと思います。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ピジョン サプリメント 葉酸カルシウムプラス 60粒入

ピジョン サプリメント 葉酸カルシウムプラス 60粒入