なっちゃんだって生きている

恋愛・転職・結婚・出産・育児 ダメ女でもなんとかやってきました

子ども嫌いな旦那に育児させるたった1つの方法

旦那「俺、子ども苦手なんだよね」

 

 

 

 

 

 

それ、付き合う前にいってよおおおおおおおおおおおおおお

 

 

 

 

これ、割と最近のやり取りです。

確かに付き合っていた時に「子どもが好き」とは言ってませんでした。ですが、明言するほど苦手だとは。。。

 

一時期「イクメン」という言葉が流行りましたが、共働きが当たり前になり「イクメン」という言葉自体に疑問の声が上がる世の中になりました。

父親なんだから、育児して当然でしょう!

それは筆者も同感です。

 

ただ、男性は女性ほど育児が得意ではありませんし、モチベーションも高くありません。

 

うちの旦那が子どもを苦手とする理由は、

「話が通じないし言うことを聞かないから」

だそうです。

 

そんなん、母親だって一緒じゃい!

 

と言いたい気持ちをぐっとこらえて、育児に参加(というのもおかしいけど)させるべく筆者がやったこと。

 

 

 

 

アホみたいに褒めちぎる

 

 

 

 

です!

 

これこそ子育てかよ!って感じですが、まさに小さい子にやる気を出させるかの如く、褒めまくりました。

 

 

例えば、おむつ替えを嫌々ながらしてくれた時は、

 

「ありがとう!!!〇〇ちゃん(子の名前)、パパにおむつ替えてもらってすっきりしたね~~」

 

 

離乳食を作って食べさせてくれた時は、

 

「〇〇ちゃん、パパが作ったご飯おいしいね~~、いっぱい食べてね!」

「パパがご飯担当してくれたから、休み時間ができて嬉しい!」

 

 

 

早く帰ってきた時は、

 

「〇〇ちゃん、パパが早く帰ってきてくれて嬉しいね~~」

「今日は(早く帰ってきて)時間があるから、一杯やろうか!」

 

 

何もなくても

 

「〇〇ちゃんはパパが大好きなんだね~~」

 

 

などなど。

 

とにかく褒めることで、「いいことをした、またやろう」という気になってもらいます。

また、赤ちゃんの気持ちを代弁することで、子どもにも愛着を持ってもらえます。

 

 

 

いやいや、うちの旦那ガチで何もしてくれないんだけど?

という奥さま。苛立つのもわかります。

でもそこはぐっと我慢して、些細なことでも褒めて認めてあげましょう。

 

 

「脱いだ服を洗濯機に入れてくれるから助かってる」

「いつもゴミをゴミ箱に入れてくれるから片づけが楽」

「働いてくれてありがとう」

「ハゲてなくてありがとう」

 

 

もうなんでもいいです!たとえそれが小学生レベルのパフォーマンスだとしても…

 

とにかく彼のやる気に火をつけることに注力しましょう。

 

 

 

もう、なんで私が努力しなきゃいけないの!やってくれない旦那が悪いのに!

と思うのはごもっともです。

でも、人を変えるより自分を変える方が早くて確実です。

 

 

「人と過去は変えられないけど、自分と未来は変えられる」

 

 

筆者が人生において大事にしている言葉です。

時には言い合いになることもありますが、相手にだけ改善を求めるのは中々難しいものです。

 

 

ゆくゆく自分が楽になるため!と思って、うまく旦那さんを転がしてあげてください。

 

関連記事:

natsu29.hatenadiary.jp