なっちゃんだって生きている

恋愛・転職・結婚・出産・育児 ダメ女でもなんとかやってきました

【保活ママ必見】私は認可保育園にしなくて良かったと思ってる

こんにちは、アクセスありがとうございます。

 

筆者は5月に仕事を退職した後、現在在宅でチマチマと作業をしております。

 

今回のテーマは保育園についてです。

保活について知識のある方には目新しい情報はないのでスルーしちゃってくださいw

現在、うちの子どもは保育園に通っています。ここは待機児童もたくさんいる東京の某市です。

私はもうフルタイム勤務ではありません。 なぜ預けられるのか? 

 

それは認証保育園(認可外)を利用しているからです

 

認証保育園は親の就労状況は入園の要件に含まれていません。 よって、保育料さえ払えば無職やパートのママ、持病があるママでも利用できます。

認可園だったら退職が5月頭なので早くて6月、遅くとも今のタイミングで退園させられていました。 (各園によって規定は違うようです) 

バリバリ働きたい待機児童ママには申し訳ないな、と思いつつも 今退園したらもう保育園には入れない と思い、利用させてもらっています。

 

今回はお世話になっている認証保育園のため(?)に、認証のメリットを取り上げたいと思います。

 

 

メリットその1 親の職業・就労条件が問われない

 

これは先ほどもご説明しましたが、さらに補足です。 このメリットの恩恵を最大に受けられるのが「転職活動をする時」です。

認可に預けているワーママは、退職してから退園させられるまでの期間が短いため、仕事を続けながら転職活動をしなくてはいけません。

平日は仕事、育児、休日は溜まった家事を片付け、スキマ時間で応募書類の作成、面接日程の調整。。。

死んじゃいますよ

また、子どもがいてフルタイム正社員の仕事を見つけるのは非常にハードルが高いです。 しかし、焦って前職よりブラックな職に就いてしまったら元も子もありません。

その点、認証保育園(認可外)については、保育料こそかかるものの、時間と気持ちに余裕を持って転職活動ができます。

 

 

メリットその2 園との直接契約(市区町村を通さない)ので、手続きが楽 ※例外あり

※どうやら市区町村によっては認証保育所への入園もお役所を通す場合もあるようです。

 

認可に申し込む場合は、夫婦の就労証明や所得証明(不要な場合もあります)、子どもの健康状態、奥さんが育休中なら復帰後の就労内容などなど。

とにかく書類をたくさん用意しなくてはなりません。

一方認証保育所への提出書類は、氏名・住所・連絡先といった基本情報と母子手帳、保険証くらいなもんです。勤め先の総務を煩わせることはありません。

 

 

メリットその3 園の環境が充実していない分、先生たちの工夫・頑張りがすごい

 

これは各園によるかもしれません。 筆者が利用している園はとにかく狭く、園庭ももちろんありません。

その代わり、行事や保育内容(遊びの種類)が充実していて、まめに保護者への情報発信もしてくれます。

また、狭い分先生方がうまく連携していて、担任でない先生も子どものことをよく把握してくれています。

 

 

メリットその4 開園時間が長い

 

これはめちゃくちゃ助かりました。

しかも20時ギリギリにお迎えに行っても、嫌な顔されるどころか

 

先生「お母さん、お疲れじゃないですか?大丈夫ですか?」 

なっちゃん「涙ぶわあああああああああああああああ」

 

筆者の地域の認可だと、一番早くて18:30閉園です。 通勤に1時間以上かかるので、定時上がりだと間に合いません。

しかし認証は認可園より長く開いているので、突然の残業にも延長料金を払えば対応できます。

特に公立の園は閉園時間が早く、かつ、お迎えが遅れると怒られるとよく聞きます。

フルタイムでないと入園できないのに18:30閉園っておかしくないですか?

会社員を舐めているとしか思えません。

 

 

 

以上、メリット4つですた。

 

認可か認可外というよりは、公立か民営でサービスに差が出るように思います。

保育料の安さに惹かれて認証→認可に移って後悔しているお母さんもいるとか… また、民営でも経営会社によってカラーが違います。

めんどくさがらず、色々見て回ってよりよい園を見つけ出してください。 

 

 

保育園に入りたい! 2017年版(日経BPムック) (日経BPムック 日経DUALの本)

保育園に入りたい! 2017年版(日経BPムック) (日経BPムック 日経DUALの本)