なっちゃんだって生きている

恋愛・転職・結婚・出産・育児 ダメ女でもなんとかやってきました

【7/11追記】育児で使えた神アイテム5選(1歳まで)

こんにちは、なっちゃんです。

 

何かとお金がかかりがちな育児。

でも、アイテム一つでグッと楽になることもあります。

そこで、筆者が使ってみて、 「もっと早く買えば良かった!」 と思った神アイテムをご紹介したいと思います。

 

 

神アイテムその1 おしゃぶり(使用期間生後2か月~4か月)

 

これについては賛否両論ありますが、筆者はおしゃぶりに大分助けられました。 月齢が小さいうちは泣くことが多く、外出先で泣かれようものなら冷や汗ものでした。 もちろん泣くことは悪いことじゃないですが、どうしても鎮めたいときはおしゃぶりを使っていました。 運が良ければ気持ちよくてそのまま寝てくれます。 ただうちの子はすぐに吸い付かなくなったので、使えた期間は短めです。

 

 

 

神アイテムその2 ベビーサークル(はいはい~2歳くらいまで)

 

うちの子は好奇心が旺盛で、かつよだれがすごいので放っておくと床がびちょびちょに… そこで洗えるタイプのベビーサークルを購入しました。 価格は1万円弱だったと思います。 誤飲や事故を防げるので助かっています。 ただ、入れると泣くのであまり長時間閉じ込めないようにはしています。 

 

 

洗えるソフトベビーサークル (スターネイビー)
 

 

 

神アイテムその3 ベビースマイル 鼻吸い器(電動)

 

耳鼻科の鼻吸い器の吸引力が10とすると7~8はあるそうで、市販の中ではもっとも強力です。 定価は15000円程度で、手動、電動のハンディタイプに比べるとダントツで高いです。

ただ、うちの場合子どもの鼻水が日常的に出ていて、相当な量が詰まっていたのでガッツリ吸えるものにしました。

おかげで鼻の通りがよくなり、口呼吸によるよだれも減りました。

耳鼻科に通い続けることを考えると、手間の面では大分楽になりますよ。 

 

 

 

神アイテムその4 あったかいdeシュ(赤ちゃん用おしりふき洗浄器)

 

定価で4000円弱でした。霧吹きを電気で保温して、おむつ替えの時にお尻に吹きかけて使います。 うちはお尻のトラブルに見舞われたので重宝していました。 また、おしりふきでガシガシ拭くよりはすんなりと汚れが落ちるのでおむつ替えが楽になります。 

 

 

神アイテムその5 手動搾乳機

 

搾乳機なんている?なんて思っていたのですが、貧乳だからか?すぐに胸がキャパオーバーになって毎日激痛でした。

赤ちゃんに吸わせても、最初は吸う力が弱いので 

「あいだだだだだだだだだd早く吸ってよおおおおおおおおお」

と絶叫する毎日でした。

搾乳機を買ってからは、胸が張って痛い時はせっせとガス抜き。

「あいたたたた…搾乳機搾乳機…(しゅこしゅこ)…ふう…」

と搾乳して痛みから解放された姿を見た旦那が まるで排泄だな と言ったのが印象的でした。

母乳って溜まると本当に痛いです。

 

 

 

 

以上、5アイテムでした。 お子さんによっては上記のようなお悩みがない子もいるので、全て揃えないといけないわけではありません。

ネットの口コミやママ友の意見も参考にしつつ、購入を検討してみてください^^