なっちゃんだって生きている

恋愛・転職・結婚・出産・育児 ダメ女でもなんとかやってきました

何故旦那は私を選んだのだろうか

こんにちは、なっちゃんです。 

今回は珍しくダラダラと独り言を。

 

世間的には、男は稼いでいればモテるとか女は若くて可愛けりゃモテると言いますが、人を好きになる時って案外理由がなかったりしますよね?

 

私のスペックですが、

絶妙にブス(逆に性的に興奮するレベル)、貧乳、趣味・特技なし、職歴スキルほぼなし、男ばりのハスキーボイス、毛深いetc…

 

 

私が男だったら確実に抱きません

 

 

強いて言うなら、心理学屋なので男心に多少の理解があるのが強みでしょうか。

 

こんな私ですが、何とか結婚できた上に

生活費全額旦那持ち

家事育児適当でも怒られない

セックス断ってもいい

 

 

旦那最高かよwww

 

 

そんな自由気ままな生活を送らせていただいてます。

 

まあ旦那を毎日見てると小じわがすげえとか鼻毛がすげえとか思いますが、たまに池袋とかで待ち合わせすると なんだこの長身イケメソは…! ってなります。

 

ここまでただのノロケですね、はい。

 

おいおいなっちゃん、どうやってそんないい男落としたんだよ?!って思いますよね? それは他でもない床上手だk

 

実を言うと旦那だっていい男じゃないです。

 

気分が乗らない時は子どもの面倒を全く見ないし、結婚してからも趣味に金と時間をかけるし、何より毒舌でワガママです。

総じて何が言いたいかというと、どんな素敵な人と恋をするかではなく、 ご縁があった人を受け入れ、協力していく ことが大事なんです。

 

お笑い芸人の土田晃之が、雑誌のインタビューで 「運命の人と結婚するんじゃない、結婚した人が運命の人なんだ」 と言っていました。

運命の人なんて本当はいないんです。 パートナーを運命の人にしていくんです。

 

こう考えてみると、「これが気に食わないあれが気に食わない」と選り好みしているうちは上手くいかないと思いませんか?

旦那が私を選んだのは、私が旦那の短所から逃げなかったからだと思います。

 

なんでもかんでも我慢しろとは言いません。 ただ、仲睦まじいカップルもこうして我慢や努力を積み重ねているということを覚えておいてください。