なっちゃんだって生きている

恋愛・転職・結婚・出産・育児 ダメ女でもなんとかやってきました

複数の異性と性愛関係を築く「ポリアモリー」への率直な意見

【7/23追記】 浮気されて傷付いた経験がある筆者はなんとなくこの記事を書いたのですが、その後ポリアモリーについて調べたり当事者の声を聞いたりして、色々考え直す必要が出てきたのでもう一つ記事を書きました。

ノアモリーの方が偏った考えにならないよう、本文中にも追記します(緑色)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

アクセスいただきましてありがとうございます。 日本の制度・文化において、「パートナーは一人(一対一)」というのがスタンダードです。 ただ、先日書いた風俗に関する記事でも触れた通り、一人もパートナーとだけ関係を持ち続けることに不満やマンネリを覚える人は少なくないです。

 関連記事:

natsu29.hatenadiary.jp

 

 

また、不倫・浮気という形で他にパートナーを持つ人もいます。 そんな中、新しい男女関係の形として「ポリアモリー」というものがメディアに取り上げられるようになりました。

 

ウィキペディアでは以下のような説明がされています(「ポリアモリー」wikiページ

 

ポリアモリー(英: polyamory)とは、ノンモノガミー(排他的な一夫一妻制ではない関係)の一種。関係者全員の合意に基づき、多重的な性愛関係やロマンチックな関係を営むライフスタイル、また その関係性のことである[1]

 

要は、 なっちゃん「今日〇〇くんとセックスするわー」

旦那「ワイは明日〇〇ちゃんとお泊りデートやで」

なっちゃん「御意」

てな感じの関係です。

 

さて、それに対して筆者がパッと浮かんだのは

 

 

価値観は人それぞれだからいいけど、うーん…なんか違和感

 

 

ほぼ感情論と偏見なのであまり建設的な意見ではないのですが、詳しく説明していきます。

 

 

違和感の理由その1 生理的に気持ち悪くないの?

 

感覚的な理由で議論していいの?という疑問はありますが、筆者としては 他の男を舐めた口で旦那にキスしたくないし、性器を触った手で旦那に食べさせる料理は作りたくないです。 逆もまた然り。

ポリアモリーの人たちは見知らぬ同性の粘液(生々しいw)を間接的に触るのに違和感はないのでしょうか?

どうやらネットの資料を見ていくと、彼らにも「嫉妬」という概念はあるようなのです。 ただ、「生理的嫌悪感」については記載が見られません(あったら教えてください)。

もしかしたら、ポリアモリーの人たちは性に対する考え方が根本的に違うのかもしれません。

 

→この生理的嫌悪感については感じない人がほとんどのようです。 ポリアモリーの中にはバイセクシャルが一定数いる(すみません、情報の出どころは失念しちゃいました)そうなのでその辺も関係しているのでしょうか?

筆者はよく浮気の体験談を読むのですが、パートナーの浮気を知った途端吐き気に襲われたという記述をよく見るので、モノアモリーには私の感覚がわかる人も多いはずです。

 

 

違和感の理由その2 複数人と恋愛できるほど暇なの?

 

全くの片思いで何もアクションを起こしていないのなら恋愛にコストはかかりませんが、既にカップルでデートやセックスをする関係なら、確実にコストと時間が必要です。 最近ビジネスについて少しずつ勉強するようになってわかったことですが、自己実現(成功)したい人は寝食を惜しんで何かに没頭しています。

以前、貧乏子だくさんの記事でも触れましたが、自己実現欲求のある人は高次元な世界で生きている人です。

言っちゃ悪いけど、ポリアモリーの人はその逆を行っているようにしか思えないんだよね…

関連記事:

 

natsu29.hatenadiary.jp

 

 

筆者は「恋に生きる」という言葉が大嫌いです。

 

だって、「私生きがいがありません」って言っているようなものだから。

ポリアモリーの人たちはどうしてもそっちサイドの人間のようにしか思えません。

 

→ポリアモリーだからといって常に複数人と関係しているとは限りません。どんなに忙しくても二股三股するモノもいるわけで、こればっかりは個人差としか言いようがありません^^;

 

以上、なっちゃんの率直な意見でした。 当事者にインタビューしたわけではないので、反対意見もあるでしょう。 色んな価値観があっていいとは思いますが、身内にいたらちょっと嫌かな…程度には嫌悪感を覚えます。