なっちゃんだって生きている

恋愛・転職・結婚・出産・育児 ダメ女でもなんとかやってきました

【超初心者向け】「ランサーズは稼げない」は本当か?

f:id:beauty29:20170801160945j:plain

 

ランサーズ登録から1か月経っているのにいまだに超初心者のなっちゃんです。

 

毎朝満員電車に揺られて会社勤めをしていると

「在宅で仕事ができたらなー」

なんて思いますよね?

 

そんな時に使えるのがクラウドソーシングというWEBサービスです。

クラウドソーシングでは「この仕事誰かにやってもらいたい!」という企業もしくは個人と、「こんな仕事を請け負いたい!」という個人を結んでくれます。

仕事内容は入力作業やHPの作成、新規オープン店のネーミング募集、ロゴ作成、ブログの記事作成など多岐に渡ります。

 

e-words.jp

 

 

簡単な入力作業や口コミ投稿、ライティングの仕事など、私のような特にスキルのない人間でも受注可能な案件もあるので、基本的に誰でも参加できます。

 

そこで私が登録したのがランサーズです。

 

www.lancers.jp

 

 

これに登録したら晴れて在宅ワーカーとして稼げるぜうひょひょひょひょ

かというと、そうでもありません。

 

実際にランサーズで検索すると関連キーワードに「稼げない」というワードが出てきます。

これは本当なのでしょうか?

 

 

私個人の意見はこうです。

 

クラウドソーシングという働き方が自分に合っていて、かつやる気があれば稼げる

 

と思います。

てか、これって会社員でも同じことですよね^^;

 

稼げないという人のパターンは以下の通りです。

・単価の安い案件しか受けていない(受けられない)

・長時間PCに向かっていない

・仕事の数をこなしていない

・稼ぎたい額が明確でない

 

 

はい、私のことです\( 'ω')/

 

当然のことながら、初心者に高単価な案件はまわってきません。

仮にあったとしても、応募が殺到して即締め切られてしまいます。

受注者(ランサー)のプロフィールには発注者からの評価や仕事完了率などの実績が表示されます。

高単価な案件を勝ち取るためには、コツコツとスキルと実績を伸ばしていく必要があります。

 

研修への参加や閑散期の待機中にも時給が発生する会社員(バイト)と違い、最初は作業時間に対して報酬が見合わないのがクラウドソーシング初心者の現実です。

仮に1000文字+写真1枚で報酬500円のタスクがあったとして、記事作成&誤字脱字の確認・推敲+写真撮影・加工・アップロードをすると作業時間は1時間を超えます。

ていうか、そもそも募集要項を読むだけでも結構時間がかかります。

しかも、1時間以上かけた作業であっても、クライアントが拒否すれば一銭も支払われません。

 

私も「2000字で体験談を」という案件に記事を提出したら、「お店の名前がない」という理由で拒否されました。

否認要件にそのような記載はなく、どんなサイトに使用するのか(体験談を募集する意図)の具体的な説明もなかったので採用されると思っていたのですが。。。

さすがにこれはイラっときましたね。

 

このように、クライアントの質が保証されていない(ランサーにも言えることですが)のがランサーズの評価を落とす一つの要因でもあります。

 

ただ、こういったクライアントに遭遇してしまうのも初心者であるからゆえ。

経験を積めば信頼できるクライアントとのコネクションが増えていきます。

 

そう、すぐには稼げない。フリーランスってそんなもんです。

知り合いにも3Dのデザイナーがいますが、会社をやめて独立した時は半年間無収入(むしろ赤字)だったそうです。

スキルがあってもそんな感じなので、0からのスタートとなるとコツコツ努力していく以外ありません。

 

結局は会社員が一番だ

とか、

組織に属さず生きるのが正解だ

とか、

 

色んな声がありますが

 

そんなの自分で決めりゃいい

っつー話ですね。

 

とりあえず私は細々と続けていきたいと思いますノシ

数千円くらいは誰でも稼げますので、興味があればチャレンジしてみてください。